ある月曜日、この日は週の初めで、気持ちを新たに前向きになりまして、リフッレッシユした心の状態で、新しい求人広告が出ているかもしれないと、期待をしてしまって、ハローワークへ行きました。

 

この日は、あいにくのところ、行き慣れました図書館は、お休みでした。残念な出来事ですが、世の中の波には、私は、逆らうことができませんでした。午前中か、お昼近くは、公共の施設でパソコンをお借りしまして、クラウドソーシングをしていました。このクラウドソーシングは、楽しみとなっていました。私の生活の中の、心が躍りだします日課の一つです。こちらでの作業の時間を終えまして、ハローワークへは、歩いていきました。

 

ですが、この日は、私の心に響きます求人広告が、ほとんどありませんでした。思いがけなく、暗い気持ちになってしまいました。1件だけ、窓口で、紹介状を出してもらいました。

 

そして、その翌日、火曜日は、図書館が開いていました。うれしいことに、こちらのパソコンを使うことが、できました。こちらでは、なんと、私の心にピタリとヒットします求人広告が、いくつも出てきました。