昨夜は飲みに出かけたのですが、友人と入ったお店は閑散としていました。

 

まあ平日だし、夜に飲みに出かける人も多くないのかも、と思いながらお酒を注文し話し込んでいたのですが、ふと気づくと店内にどんどんお客さんが増え始め、あっという間に満席になりました。

 

このお店、平日なのにこんなに混むなんてすごい、と思いながら飲み続けていたのですが、ふと気づくと店内のお客さんが時々ワッと歓声を上げています。

 

何事かと思ってみてみると、お店の中央にいつの間にかスクリーンが下ろされ、日本対タイのサッカー試合の様子が中継されていました。

 

良く知らずに入ったお店は、実はスポーツバーだったのです。

 

ロシアで行われるワールドカップの最終予選だというその試合が進展するごとに、日本側にどんどん点が入り、お客さんたちは大盛り上がりでした。

 

私はサッカーに疎くてルールすらも良くわかりませんが、どんどんタイを引き離す日本チームを見ているのは気持ちが良かったです。

 

試合そのものもそうですが、試合の様子に一喜一憂しているお客さんたちを見ているのも面白いし、こんな風に盛り上がれるっていいなあ、と思ったりもしました。

 

全く知らない人同士が集まっているのに、何となくお店の中に連帯感のようなものも生まれている感じがして、たまにはこんな風に誰かと一緒に盛り上がるっていいな、と思いました。

 

初めてのスポーツバーでしたが、(サッカーを知らなくても)ちょっと楽しい思い出ができました。